101回に向けて

昨日は、このエリザベート全国ツアーの100回目となる公演でした。
同じ作品をこんなに多くの回数踊る、という経験は今までなかったため、
最初の方は、「もし飽きてしまったらどうしよう」という不安が結構ありました。
ですが、100回という数を終えた今、まだまだこの作品に飽きていない自分がいることを嬉しく思います。
まだまだ、まだまだまだまだ、オープニング、愛と死のロンド、不幸の始まり、最後のダンス、闇が広がる、エーヤン、独立運動、悪夢、暗殺、ダンサーとして役割を担うシーン一つ一つでやれることがあるように感じています。

100回も踊っているのに、なんでそんな風に感じるんだろう、と不思議に思います。

そもそも、何故自分は踊るんだろう、って今更ですが最近よく思うんです。

5年以上の過去を溯れば溯るほど、今自分が、マンガ家か、コンピュータのプログラマーではなくダンサーになっているのかさっぱりです???
ただ、本能的に、「ああ、なるほど」って、踊っているときに感じることはあるんですが、何が、「なるほど」なのかは言葉にできません。

人は何故生まれ、死んでいくのか・・・

・・・

えっとですね、最近もっぱら衣装部屋から借りた、手塚治の「ブッダ」にハマっています。


(写真は信さんのブログから拝借)


そんなこんなで、これから101回目、踊ってきます!

踊る漫画コンシェルジュ・ヒゲ(白髭真二)

《ダンス講師/振付家/(自称)漫画コンシェルジュ》 @sshirahige 毎日何処かでダンス教えてます。憧れの男はクッキングパパの荒岩一味。最新テクノロジーを愛する、東京都北区在住、一児の父。YouTubeチャンネル, Twitter, Facebook, LINE@, Instagram, フォロー大歓迎です。 あ、あとパパ友募集中。子ども、カワイイよね!

0コメント

  • 1000 / 1000