profile(long ver.)

踊る漫画コンシェルジュ・ヒゲ

白髭真二 (しらひげ しんじ)

《ダンス講師/振付家/(自称)漫画コンシェルジュ》

・1979/7/18 蟹座

・身長180cm

・体重70kg

・好きな漫画 『ONE PIECE』『クッキングパパ』

・好きな食べ物 ハンバーガー

・好きな飲み物 コーラ

・苦手な食べ物 せんべい、レーズン

・好きなスポーツ 柔道

・特技 コンテンポラリーダンス


Ver.2(2017年6月11日更新)

 

幼少の頃よりテレビゲーム&漫画にどっぷりはまる。

 

ファミコン以降、周りはみんなスーパーファミコンやプレイステーションで盛り上がるなか、PCエンジン→メガドライブ→セガサターン→ドリームキャストと進み、将来はSEGAに就職する事を前提に中学、高校時代を過ごす。

 

高校3年の時、友達に借りたマイケルジャクソンのビデオの踊りに衝撃を受け、人体の作り出す無限の可能性に目覚める。将来自分が作り出すゲームのキャラの動きに取り入れることはできないかと、ダンスに興味を持ち始める。

 

高校卒業後は米国アリゾナ大学コンピューターサイエンス学部に進学。しかし、沸々と高まるダンス欲とともに、5年で中退(あー楽しかった!)。

 

帰国後、ゲームクリエイターになる夢は一旦置いといて、ダンサーになるべく行動を開始!留学中に密かに憧れていた日本でのアルバイト(工事現場、漫画喫茶、カフェ、牛丼屋、等々)をしながら、バレエ、モダン、ジャズのレッスンに励む。どんなジャンル、どんな作品であってもとにかく舞台で踊らせて貰えることが嬉しく、コンクール、発表会、スタジオパフォーマンス、声が掛かった企画に全てYES!で参加。

 

そんな生活を4年ほど続けた頃、ふと自分の将来に不安を感じモンモンとし始める。とにかくプロと呼ばれる存在になりたくてNOISMのオーディションに挑戦するも全く歯が立たず。憧れだったアルバイトもマンネリ化でモチベーションが下がり続け、段々と八方塞がりに。藁にもすがる思いで受けた変な自己啓発セミナーの講師にはコンテンパに怒られ、完全にノックアウト。ダンスを辞めることを決意。しかし、ラストと思って受けた東宝ミュージカル『エリザベート』という作品(実は観たこともなかった)のオーディションに合格!

 

取り敢えず『ダンスを辞める』っというのは無かったことにして、華やかなミュージカルや商業的なダンスの世界に飛び込む。

『エリザベート』では3回の長期公演に参加し全国(東京、名古屋、博多、大阪)で合計450回以上の公演に出演。その間にも、ミュージックビデオ、紅白歌合戦を含む歌謡ショーのバックダンサー、芝居、オペラ、社交ダンス、タンゴ、モーターショーやヘアショー等の企業プレゼンテーション、etc.声の掛かったあらゆる企画に全てYES!で参加!

 

商業分野以外でも、師匠である武元賀寿子作品はじめ、島崎徹作品、佐藤宏作品、中原麻里作品、箱田あかね作品、などなどなどなど、とにかくYES!で参加!時には自分から立候補して感謝感謝でとにかく踊りまくる。

 

そんな有り難い日々のなか徐々に、踊りを他に伝えること、自身の振り付け作品を創り出すことを始める。野の花ダンスガーデンDanceSquare代官山Broadway Dance Centerスタジオアンクールで定期的に講師を勤める傍ら、毎週月曜夜にはデュエットクラス、各地でムーブメントワークショップの開催、その他、映像とのコラボレーション、ヨサコイ祭り、発表会、コンクール、テレビドラマ、様々なシチュエーションで振付を提供。


現在37歳、自身のダンスへの変わらぬ情熱を嬉しく思う一方、ダンスにとらわれない生き方も模索中。実はライフワークではないかと感じている漫画読書(そんな日本語ない?)や最新テクノロージーへの探求にも本格的に情熱を注ぎ始め、昨年(2016)7月には第一回漫画トークライブを開催、最近は、妻の笠井晴子と共にポッドキャスト番組「太陽とヒゲの夜にお茶しませんか?」を週一回のペースで配信中。番組内では、気になる最新テクノロジーを紹介するコーナー『白髭真二と輝く未来』とオススメ作品を紹介する『漫画コンシェルジュヒゲ 今日の一冊』を担当。


自らの趣味の世界を追求しつつも、そこにこだわり過ぎず、取り巻く環境や社会、友人、家族との接点を大切に今後も生きていきたいと思っている。

 

以上!最後まで読んでいただき有り難うございました!

 

→プロフィール(漫画編)に続く!